スタッフブログ バイク好きなスタッフが、お待ちしています。

HOME > スタッフブログ

フルード交換は2年毎に♪

ど~も~

 

コッシーで御座います。

 

肌寒くなってきましたね。

ツーリング時のウェアも調節出来るようにしていきましょう♪

 風邪は厄介ですよ♪

 

さて今回はブレーキフルードについてのお話です。

アクセルを開けて走ったバイクを止める為にブレーキレバーを握り、ブレーキディスクを挟んで摩擦で止めています。

その仲介を担っているのが、今回の肝

 

「ブレーキフルード」です。

 

スポーツ走行などではパッド温度が300度近くになる事も珍しくなく

フルード温度もキャリパ内では200度になる事もあります。

 

なので、DOT-4のフルードでも沸点の規定は230度以上となっています。

 

 

 

そのブレーキフルード

「2年ごとの交換」をメーカーで指定されている油脂となりますが、

距離を乗っていないバイクでも「2年ごと」となります。

 

見た目綺麗なのにもったい無い様に思いますね。

 

そこには「水分」が絡んでくるのですが、

 

ブレーキフルードは性質上「水分を吸収しやすい」成分で出来ています。

 

ブレーキラインも完全密閉ではありませんので、

 

時間とともに大気中から少しずつ水分を含んできます。

 

 

 

さて、水分の沸点とは何度でしょうか?

 

中学校の理科で習ったような気がする内容ですが、

 

 

そう、 おおよそ100度です。

 

 

つまり、水分を含んだフルードは、あっけなく沸騰する

 

という事です。

 

たとえわずかでも沸騰すると気泡がでますので、

そうなるとみなさんフルード交換時に懸念されるあれです。

 

エアかみ状態。

ブレーキフタッチニャフニャ。

 

調子よく走っている時にエアが出るとそりゃ~「恐怖」以外の何物でもありません。

 

もちろんリザーバタンクの液が汚れて茶色くなっているのは論外ですが、

たとえ見た目が綺麗そうでも2年以上換えてないなら交換しておきましょう。

 

ちなみにCBRシリーズで採用されてきた

「スポーツABS」

緻密な制御がされる非常にコントロール性の良いABSシステムです♪

そこでは 緻密な制御だからこそ計算通り、設計通りのフルードが必要とされてきます。

 

 

ただし、コンパクトなレーサーレプリカにギュっと詰め込んでいる機能ですので、

フルード交換は少々大変です。

 

 

これがCBR600RR-ABS のブレーキフルード交換風景です。

ABS車の場合、CBR1000もCBR600もフルード交換にマフラーの脱着は必須となります。

 

こんな所やこんな所にもブリーダーが待ち構えておりますので

   

少々大変な作業ですが、

TSR白子では元も得意車種+ABSフルード交換ををやり慣れてきました ので、ご心配なく

どんどんご用命下さい。

 

作業は慣れれば慣れるほど短い時間でできますので、お安くしていきたいと思います。

お待ちしております。

同時にマフラー交換や車検も良いですね。

 

交換時期も2年ごとで分かりやすいですし、

 

マフラーはどちらにしろフルード交換の際外しますので、オススメです♪

 

 

 

 

 

 

  • [住所] 〒513-0825 三重県鈴鹿市寺家町1545-1
  • [TEL] 059-386-4155
  • [FAX] 059-388-9128
  • [営業時間] 10:00 〜 19:00
  • [定休日] 毎週月曜日(祝祭日は翌日)、第3火曜日
  • 三重県公安委員会許可 古物商許可番号
    第551210163800号
  • TSR Hama 株式会社

Copyright (C) 2011.TSR All Rights Reserved.