スタッフブログStaff Blog

バイク好きなスタッフが、お待ちしています。

HOME > スタッフブログ

GL1800のリバース不良!SC68

ど~も~お久しぶりです。

 

バイクの街のコッシーでございます。

 

今回はちょっと珍しい。というかコッシー的には始めての内容の修理ご依頼です。

車両はGL1800(SC68)F6B 約45000km

リバース不良(バックギヤ不良)です。

症状は安定して発生しています。動画はこちら↓

 

リバースモードには入ります。

スタータボタン押した瞬間だけ一瞬動いてリバースモード強制解除。

ふむ。

なんじゃこりゃ。w

 

主な制御ユニットには

・リバースレギュレータ

・リバースコントローラ

・リバース関連パワーリレー7個

・各スイッチ&配線

・スターターモータ

があげられます。

動画をメーカーに送り打診するも特定には至らず、上記の部品を順番に替えていってから~みたいな感触です。

前例や特定推測が難しいならせめてリバース制御システムロジックを学びたかったのですが、そういった情報がHMJには無いようです。

むむむ。

では基本に立ち返り、S/Mで同様のフェイルセーフを探すと、

「電気的にリバースモードが強制解除される」状況は2つ。

・リバース速度が上がりすぎた場合

・段差などでリバースできずに3秒以上ロックした場合。

 

つまり「過電流を検知するとリバース強制解除」と推測されます。

 

 

そこで

・モーターが悪いと過電流が・・とも思いますが、エンジン始動は無問題。

・物理的にホイールの動きが重いとかは無い。

スピードリミッタヒューズを抜くとバックするが通常より速い

→4km/hくらいでスピードリミッタが効いてリバース解除

ここで「モーター」と「物理的な問題」「スピードリミッタ」の疑いは消えます。

んん。

あとは各ユニットの制御上の不具合なら交換してみるしかない??

1発で当てれるか全部外れるか・・。そんな予算許可は出るわけありません(汗

 

というわけで困った時の・・・クロスチェック!

正常な車体を用意して部品を入れ替えて症状の変化を確認します。

お借りした車両はTSR白子ボス濱端のGL1800です。

気兼ねなく!?バラせますwwww

1.リバースレジスタ→変わらず 次!

2.リバースリレーユニット→変わらず え??

3.リバースパワーリレー7個→変わらず やっぱり違うよね・

4.リバースコントロールユニット→変わらず うそ~~ん。

マジカ、、ゼンブハズレ、、、。

コノメカニック、ヤバインジャナイノ?

 

まぁまぁ・・。

ここから一晩回路図とにらめっこスターターリレーを疑ってみます。

なんかリレー動作音がおかしい気がするんです。静かというか。動いてるのか?

でも動いてることには間違いないのです。だってエンジンかかるんですからw

 

で、ここで判明!スターターリレーBを替えたら治りました。

この子です。

 

左側がスタータリレーB 右がAです。

念のため、両方交換しました。

 

リレーBを分解しましたら接点焼けがありました。

ふ~~~。遠かった。

結論から言いますと、

~~~~~

スターターリレーBのケースがサビによってわずかに変形、

接点が正常に接触しにくくなる。

エンジン始動時はBT電圧12Vが通るので悪い接点でも始動できた。

リバース時は低い約9Vがかかるので、接点がチャタリングを起こす。

大接点がチャタを起こすと突入電流の発生で過電流を検知

システムがダウンする。

リバースリミッタヒューズを外すと12Vが流れるので、リバースできるが速い。

~~~

これは。。一発ではわからん。わからんよ。。

 

  • [住所] 〒510-0253 三重県鈴鹿市寺家町1545-1
  • [TEL] 059-386-4155
  • [FAX] 059-388-9128
  • [営業時間] 10:00 〜 19:00
  • [定休日] 月曜日・火曜日
  • 三重県公安委員会許可 古物商許可番号
    第551210163800号
  • TSR Hama 株式会社