スタッフブログStaff Blog

バイク好きなスタッフが、お待ちしています。

HOME > スタッフブログ

CBR1000RR SC57 2005 謎の始動不良!

ど~も!

バイク街のコッシーでございます。

 

後輩さんが力をつけてきて頂いたので、コッシーはもっぱらややこしい系中心に対応させて頂いております。

今年も気づけばあっという間に12月ですね!重整備は冬の時期にしていきましょうね!

 

さて、今回のお題はCBR1000RRの中のSC57 2005Mです。

このモデルも10年以上経ってきて故障が見受けられるようになりました。

コッシーは新車の時の調子を知っているだけになんだか感慨深く、思わず目線が遠くなってきます。

 

では涙をこらえて症状はこんな感じです。SC57国内フルパ仕様、38000km

基本的には始動不良「エンジンがなかなか始動しない」なのですが、始動した後も動画のような症状を確認できました。

セルボタンを押すとエンジンが止まります・・。

結果的に原因は同じでしたが、皆さん原因分かますか???

お客様から問診をしていくと

・かかりが悪い時にブースターをつなぐと掛かる時がある。

・始動後の調子は良い

・一度かかるとその日は調子よくかかる。

 

なるほど~。何が何だかわかりませんねwwとりあえず電気系かな~という目論見を立てておきます。

そして基本的な点検からスタート

1.症状確認 →確かにエンジンかかりにくい。たまにボロっとは言うから点火はしてる?

2.スパークプラグ点検 念のため交換 →変わらず

3.フルパ配線点検 劣化千切れかけあり。修正→少し良くなった?

4.↑エンジンまったくかからない事は無くなったが、初爆でつまづき、イマイチ。

5.スロボ同調点検 #3 #4 が調子でない これも原因?なのか?

6.ヒューエルポンプ燃圧点検 波打ち大 これも原因?なのか?

7.ヒューエルポンプ交換→波打ち改善→症状変わらず。

 

ん~~。あとはスロボ系だけど簡単に交換とはいかないので、後輩君の2006Mを拝借

8.スロボ、インジェクタを入れ替える→症状変わらず。

9.フルパ配線を国内に戻す→症状変わらず→燃料関係以外が確定

さぁ。あとは点火系にしぼるとECUも視野に入る。ECUの値段をホンダに聞くとまさかの10万越え!!!

笑ってしまいましたww

 

という事で同年式のお客様に電話してご協力を要請しました!快諾頂きありがとうございます!ピカピカに磨いてお返し致しました。

と、ここで新たな症状に気づく。動画のように「アイドリング中に、セルスイッチを押したらエンジンが止まる。」

始動性の不良だけだとシューティングが難しいですが、新症状によって少し光明が見えてきました。

 

10.双方にECU入れ替えて始動テスト、→新症状変わらず。 おお~いマジか。次!

11.点火システム点検中、時々、新症状が治る事も確認。。。。

12.さらに新事実!サイドスタンド格納してると新症状発生しない!→これってもしや。。

13.ダイード入れ替え→変わらず。 まぁ壊れんわな。

14.という事は・・。ニュートラルセンサを直アース落とし→改善!新症状出ず! おお~キタコレ。

15.テスト車とニュートラルセンサ入れ替え→症状出ず。良好 →テスト車に疑義センサ装着→症状でる。 ふい~。

原因はニュートラルセンサでした。

 

っていうか。。終始ニュートラルランプちゃんと点いてるやん!!!!

それでも疑わないといけないのですね(涙)

 

精進致します。。

まぁ。

直って良かった。

先っぽは少し減ってますが、それ以外は特におかしくないニュートラルセンサです。

 

今回車両を拝借させて頂きましたJ様!ありがとうございました。コッシー

 

 

 

 

 

検索Search

車両情報車両情報

トピックスTopics

  • [住所] 〒510-0253 三重県鈴鹿市寺家町1545-1
  • [TEL] 059-386-4155
  • [FAX] 059-388-9128
  • [営業時間] 10:00 〜 19:00
  • [定休日] 月曜日・火曜日
  • 三重県公安委員会許可 古物商許可番号
    第551210163800号
  • TSR Hama 株式会社